田中加織 展「庭島」2013年1月4日(金) - 2013年1月16日(水)

 

facebookicon.jpgTwitterUstreamブクログInstagramicon.jpgメールフォームRSS

gallery near【開催中の展示】gallery near selection 2014年9月22日(月) - 9月30日(火)gallery near 【 取り扱い作品 】


Press release

tanakadm.jpg

田中加織 展 「庭島」

期間:2013年1月4日(金) - 2013年1月16日(水) *1月10日(木)は休廊
開廊時間:12:00-22:00(最終日は17時まで)
会場:gallery near

2013年1月4日(金)から1月16日(水)までの12日間、gallery nearにて、田中加織 展「庭島」を開催いたします。

田中加織は、2003年から毎年のペースで個展を開催し、様々なグループ展にも出展、昨年には自身のアトリエを一般に公開する「KYOTO OPEN STUDIO 2012」(NPO法人 Antenna Media 企画)にも積極的に参加し、精力的に活動してまいりました。2008年からは、国内外問わず様々なアートフェアにも出展しており、国内のみならず、海外においても注目を集める期待の作家の一人であります。彼女が海外からも注目を集めるのは日本人特有の美意識により生まれた「日本庭園」をモチーフに、現代的な画面構成をもって表現しているというのも大きな理由の1つであります。

「日本庭園」といえば、日本人が作る「人工的自然物」の代名詞とも言えますが、彼女が着目するのは「人工的自然物(日本庭園)」そのものでは無くそれらを作り出し、愛でる日本人の心理を「日本庭園」をモチーフにすることで描き出そうとします。日本人の思想や美意識、わびさびの世界などをイマジネーションの集合体ともいえる「庭園」から感じ取り、 日本人としての心、精神性といった、いわば日本人にとっての普遍的なテーマを表現しております。また、モチーフを極端にデフォルメし、現実と虚構の狭間の世界として表現することで、本来手にすることのできない自然美を集約し「庭園」という形で、身近に理想郷を作ろうとした日本人の傲慢さを揶揄しているようでもあります。

主に油彩で表現する彼女は、蛍光色を思わせる非常にカラフルでポップな配色で画面を構成し、見るものを一気に惹きつけます。ヴィヴィッドな色使いに、本来の庭園とは異なる不気味さや不穏さ、畏怖を誘う気配を醸しつつも、デフォルメされたモチーフのユーモラスな形状や、そこから想像される柔和感に次第に親しみを覚え、作家が意図して作り出す不思議な世界に引き込まれます。「日本庭園」というモチーフからはおよそ想像もつかない、絶妙に配置された色彩の妙は、配色におけるバランス感覚に長けた彼女の真骨頂といえるでしょう。モチーフと色彩とのギャップが見るものの意識を刺激しつつも、どこかに安堵感を覚えるのは、古来より日本人の心に安らぎを与え続けてきた「日本庭園」を描いているからかもしれません。

本展は、2012年に制作された近作を中心に、100号の大作や小作品を交えて構成されます。極めて日本的なモチーフと日本の正月という季節に併せて開催される本展は、日本人としてのアイデンティティ、精神性を再考してみる機会となり得るのではないでしょうか。

本展をぜひ、ご高覧くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

gallery near 延近 謙


niwajimamild.jpg

庭島(mild)
1170×975mm
油彩
2012年 

kougetsusan.jpg

光月山 01 
450×450mm
油彩 
2012年

niwajimatusuru.jpg

庭島(鶴)
1610×1300mm
油彩
2010年

senninnosumuyama.jpg

仙人の住む山(石庭)
650×650mm
油彩
2010 - 2012年


■ ARTIST STATEMENT ■

人工的自然物から感じられる人の意識
禅寺などに見られる伝統的な日本庭園をインスピレーションとし、日本庭園独自の思想のなかに、人の意識、世界の捉え方などを探り
絵画や立体作品を制作しています。
蛍光色を思わせるピンクやグリーン、イエローなど、ポップでありながら抑制されたトーンの色彩に置き換えられた作品を通して
現実世界と人の意識の世界、その狭間を感じられたらと思います。


■ PROFILE ■

田中加織|Kaori Tanaka
1982年 京都生まれ
2005年 成安造形大学 洋画科 卒業

【 主な個展 】

2005 「ダイヤモンドのように贅沢な風景とコト柄」 ギャラリーアンテナ 京都
2006 「蓬莱(ほうらい)」 アートスペース虹 京都
2008  0ギャラリーeyes 大阪
    「秘すれば花なり」ギャラリーアートコンポジション 東京
2009  札幌三越 個展
    東京上野松坂屋 個展
2010 「意識化に沈み行く庭」ギャラリーアンテナ 京都
2012 「光月山」ウィドギャラリー展示プロジェクト HRD FINE ART 京都

【 主なグループ展 】

2005 「アナザ-ストーリー」ドローイング5人展 ギャラリーアンテナ 京都
2006 「Art camp in kunst dau」ギャラリーヤマグチ 大阪
2008 「アーティクル賞展」 AJCオークション 東京
    「セオリーアート賞」セオリー青山本店 東京
    「思考と絵画」5人展 ギャラリーワークス 大阪
2009  ト-キョ-ワンダーウォ-ル2009 東京都現代美術館
2010 「京展2010」 京都市美術館
    「思考と絵画2」ギャラリーワークス 大阪
2011  京都アペルト オープンアトリエウォーク 作家アトリエ
    アートオークションstory 関西日仏学館
    「カレント展」  京都市美術館別館
2012  TRANSNATIONAL ART 2012 大阪現代美術センター
    若手四人作家展 松山三越
    京都オープンスタジオ 2012 作家アトリエ
    ART SALADA SoHo アートギャラリー
    「ABEND」 ギャラリー Ort project 京都
    ギャラリー wks 10周年「祭」
    「カレント展」 京都市美術館別館

【 アートフェア出展 】

art daegu 2008 韓国テグ
アジアトップホテルアートフェア2008 東京ホテルニューオータニ
シンガポールアートフェア2008
art大阪2009 堂島ホテル
駒沢ハウジングギャラリーアートフェア2009 東京
ヤングアート台北2010

【 受賞歴 】

成安造形大学卒業制作展 優秀賞
アーティクル賞第一回 入選
セオリーアート賞 銀賞
ト-キョ-ワンダーウォール2009 入選
京展2010 入選