第9回 HASE 個展「恥ずかしくない」2012年2月24日(金) - 2012年3月7日(水)

 

facebookicon.jpgTwitterUstreamブクログInstagramicon.jpgメールフォームRSS

gallery near【開催中の展示】gallery near selection 2014年9月22日(月) - 9月30日(火)gallery near 【 取り扱い作品 】


Press release

hasedm.jpg

第9回 HASE 個展 「恥ずかしくない」

2012年2月24日(金) - 2012年3月7日(水)

期間:2012年2月24日(金) - 2012年3月7日(水) *3月1日(木)は休廊
開廊時間:12:00-22:00(最終日は17時まで)
会場:cafe dining near 店内 「gallery " L "」


2012年2月24日(金)から3月7日(水)までの12日間、Cafe dining near店内 gallery “ L “にて、第9回 HASE 個展「恥ずかしくない」を開催いたします。

2007年より絵描きとして活動を本格化し、同年初個展を開催して以降、年に2回程のペースで、個展を開催してきたHASE。

そのスタイルは活動当初から一貫して変わらず、主に紙に鉛筆、色鉛筆といったごくシンプルな素材を用い、個展を開催するタイミングで感じた作家自身の思いを素直に、ストレートに、一切の飾りも付けず、絵、言葉 (個展・作品タイトル)で表現し、訪れる鑑賞者、特に、同じように思い悩む同年代の人達の心を捉えてきました。

そんなHASEが、作家としての成長を遂げるべく、ロンドンへと旅立ったのは2年前。
異国の地での生活、活動を終え、確かな手応えを得た今、満を持しての古巣・京都、当ギャラリーでの凱旋個展開催となります。

本展では、日本での未発表作品17点を含む、約21点の原画作品を展示します。

「駄目な部分も、また素晴らしい 部分も今の自分をまず認めてやること。」

あるがまま、等身大に自らをさらけ出すことを自分自身の成長と気付き、 2年前よりも、作家として、ひとりの人間として大きく成長したHASE。

普段の何気ない生活の中にこそ、大事な気付きがある。そう訴えかけるHASEが生み出す、ストレートな絵、言葉が、今回も多くの人達の心に伝わり、 共感されることでしょう。本展をぜひ、ご高覧ください。

Not+ashamed.jpg

「恥ずかしくない」
「It is not shame.」

25 × 35 cm 紙に色鉛筆
2010 年制作

I+will+tell+that+thanks+to+you+I'm+happy.jpg

「うれしいことはうれしいと伝える。」
「I will tell that thanks to you I am happy.」

25 × 35 cm 紙に鉛筆と色鉛筆
2010 年制作

こんなスキマから花.jpg

「こんなスキマから花」
「There is the flower in such a chink in the wall.」

25 × 35 cm 紙に鉛筆と色鉛筆
2010 年制作

私が幸せでいれる理由.jpg

「私が幸せでいれる理由」
「The reason why I can keep happy」

25 × 35 cm 紙に鉛筆と色鉛筆
2011 年制作


■ ARTIST STATEMENT ■

私は、HASE という絵描きです。約2年のロンドンでの生活、活動を経て、帰国後初の個展「恥ずかしくない」を開催させて頂きます。

まず、私の絵の中に何か巧みなテクニックは見付けられないかもしれません。しかし、全ての絵にタイトル( 意味 ) が有ります。そのタイトル ( 意味 ) 達は、普通で貴重な生活の中で、つい忘れがちになってしまうことだったり、また気付きにくいことだったりを言葉にしています。とても小さく些細なことかもしれないけど、それらには大切な力が有ると思うのです。

私は絵を描くとき、普段の生活の中で気付けたその時の私にとって大切なことをイメージ化し、描いていきます。その気付きによって描いた絵達は、作家として、1人の人間として生活する中で、私自身を助け、また、少しずつ強くしていきました。 そして、ロンドンでの活動により、私自身の絵に対する気持ちは確実に大きくなっていき、この絵達は、違う道を歩く沢山の方々とシェアが出来る、したいと思うようになっていきました。

今回の第9回 HASE 個展「恥ずかしくない」では、日本での未発表作品 17 点を含む、約 21 点の原画を展示します。 「駄目な部分も、また素晴らしい部分も今の自分をまず認めてやること」これはロンドンでの生活の中で気付けた大きなもののひとつです。この気付きを得た今、2年前よりも胸を張ってこの下手で強い絵達と一緒にギャラリーでお待ちしております。

この展覧会が皆様にとって、良い気付きの機会となれば幸いです。


■PROFILE■

HASE (はせ)

1980 大阪府生まれ
2003 京都嵯峨芸術短期大学 専攻科修了
2008 京都インターナショナルアカデミー 修了
2010 ロンドンへ移動
2012 帰国

【 個展 】

2007 HASE 初個展「デトックス」
2008 第 2 回 HASE 個展「憧れと恥じらいと罵倒」
    第 3 回 HASE 個展「出るということ」
2009 第 4 回 HASE 個展「鳥とうさぎとヒトの絵」
    HASE 初裸婦クロッキー展
    第 5 回 HASE 個展「大袈裟なものじゃない」
2010 第 6 回 HASE 個展「うれしいことはうれしいと伝える。」 ( The Pattern Market )
2011 第 7 回 HASE 個展「素敵で普通で貴重な生活」 ( The Phermacy Of Stories )
    第 8 回 HASE 個展「不器用」 ( HATCH SPACE )

【 グループ展 】

2009 日音色 企画展「・」( てん ) がテーマのグループ展「・展 」参加
2010 「 ART IN MIND 」(The Brick Lane Gallery)
2011 チャリティーイベント「 MAGNETUDE NINE 」( Blackall Studios )
    日音色 チャリティー 企画展「 線 」参加
    日音色 チャリテイー 企画展「 線 のつづき 」参加
   「HEAR IS MY HEART」( The Phermacy Of Stories )

【 アートイベント 】

2007 京都アートフリーマーケット 参加
2008 ro-ji Produce Art Exhibition「empty garden」参加
2009 デザインフェスタ vol.29 参加
2011 SE London Zine Fest 参加 ( The Amersham Arms )