オガサワラミチ|OGASAWARA Michi

 

facebookicon.jpgTwitterUstreamブクログInstagramicon.jpgメールフォームRSS

gallery near【開催中の展示】gallery near selection 2014年9月22日(月) - 9月30日(火)gallery near 【 取り扱い作品 】

取り扱い作品|ART WORK

オガサワラミチ|OGASAWARA Michi

※作品画像をクリックで詳細ページを表示します。


om_01w.jpg


om_02w.jpg

om_03w.jpg

om_04w.jpg

「ほっそり」

「リピート」

「sea」

「forest」

オガサワラミチ|OGASAWARA Michi
オガサワラミチ|OGASAWARA Michi
オガサワラミチ|OGASAWARA Michi
オガサワラミチ|OGASAWARA Michi

価格
SOLD OUT
SOLD OUT 45,000円(税込) 45,000円(税込)
サイズ(縦×横)
180×140mm
273×160mm
300×300mm
300×300mm
制作年
2013
2013
2013
2013


作家情報

オガサワラミチ|OGASAWARA Michi

愛媛生まれ 京都在住
京都精華大学ビジュアルコミュニケーションデザインコース卒業

2004年より、京都を中心に毎年個展を開く
2009年より、個展やイベント等で、" 雰囲気画 " という対面式ライブドローイングを行う。
(いわゆる似顔絵ではなく、オガサワラミチがあなたをモチーフに描く絵)

WEB:http://www.ogasawaramichi.com/


【 主な個展 】

2013.9 無窮螺線(gallery near)
2012.9 回帰線(gallery near)
2011.9 ∞ムゲンダイ(gallery Main)
2010.10 幻覚症状(cafe 'n' bar ハライソ)
2010.9 メインディッシュ(gallery Main)
2010.8 m's S room(gallery near)
2010.2 チョコレート依存症(Fint,takk!)
2009.10 森ガール(gallery near)
2009.9 メランコリー(gallery mizuca)
2009.3 トリ(cube space club)
2008.3 candy maker(gallery mizuca / 京都)
2007.12 装飾動物(liberta / 京都)
2007.7 フルーツパーラー(liberta / 京都)
2007.2 chocolatier(gallery mizuca / 京都)
2006.9 オータムイーティングコレクション(liberta / 京都)
2006.7 シャラの木(liberta / 京都)
2005.12 ラグジュアリー(liberta / 京都)
2005.9 白昼夢(gallery mizuca / 京都)
2005.7 夢遊(liberta / 京都)
2004.9 装展(neutron / 京都)


【 グループ展 etc. 】

2012.4 GEISAI #16 出展
2011.12 公開制作展(gallery near / 京都)
2011.7 公開制作展(gallery near / 京都)
2011.7 near 2nd Anniversary Exhibition「対 -tsui-」(gallery near / 京都)
2011.4 オガサワラミチ ×cafe dining near「キノコレ -kinoko exhibition-」(gallery near / 京都)
2010.9 quesorvel sweet room(THC / 東京)
2005.1 エホンノミライ(neutron / 京都 )
2004.8 エホンノミライ(neutron / 京都 )



STATEMENT


自分と向き合いながら。今しか描けないものを、描く。
私はいつも、完成形のわからないまま、本能のままに描いている。 そのときの感情を線にゆだねている。 もやもやした気持ちや、強い思い、弱いこころ、前向きな感情・・・ そして、私を渦巻く よくわからないなにか と、戦いながら。
私は作品を作るとき、下描きは、しない。 何度も修正して、きれいに描けた作為的な線は、 うそになってしまうから。 取り繕いたくない。 勢いがなくなってしまって、線が死んでしまうから。 そのときの、わたしの無意識が伝えたいことを、大切にしている。
描くのは、とても気持ちがよくて、でも、精神力を、すごく使う。 とても疲れるけれど、やめることはできない。
私にとって、描く行為は、本当の私を素直に表現できる、唯一の方法だから。