山邊 桜子|YAMABE Sakurako

 

facebookicon.jpgTwitterUstreamブクログInstagramicon.jpgメールフォームRSS

gallery near【開催中の展示】gallery near selection 2014年9月22日(月) - 9月30日(火)gallery near 【 取り扱い作品 】


山邊 桜子|YAMABE Sakurako

toa3yamabesakurako.jpg


PROFILE


1989年生まれ 三重県尾鷲市出身
2008年    三重県立尾鷲高等学校 普通科スタンダードコース卒業
2012年    京都造形芸術大学 洋画コース卒業


【 主な個展 】

2013  「Domestic Matter」(gallery near / 京都)

【 主なグループ展 】

2013 「Exhibition of HEXADECAGON」(元・立誠小学校/京都)
2012 「第12回 三日展」(Art Forum JARFO/京都)
    「京都造形芸術大学 卒業制作展2011」
2011 「第7回 三日展」(Art Forum JARFO/京都)
    「四人展」(Art Forum JARFO/京都)
2010 「欲展」(Gallery casa de sola/京都)
    「一歩半歩の欲」(ギャラリースエヒロ)

【 その他の活動 】

2012 - 2013 「Exhibition of HEXADECAGON」企画・運営
2012      「古川町the ART LIVE 2012」企画・運営
        「古川町商店街プロジェクト」実行委員として活動
        テレビ朝日ドラマ「新・おみやさん」に作品2点が出演



STATEMENT


「色」というものは、「何かの」それでしかないのだろうか。カタチあってのイロなのだろうか。
では、イロからうまれるカタチにいのちはないのか、意味は成立しないのか。
視覚に訴えかける色彩は感覚的・情緒的である。また、それらが持つ関係性(隣り合う色同士が影響しあい、色単位で見ることが困難となること)は、私たちの目に映る世界を表しているのではないか。そうこうしているうちに、カタチが出てきた。