タムラグリア|TAMURAGURIA

 

facebookicon.jpgTwitterUstreamブクログInstagramicon.jpgメールフォームRSS

gallery near【開催中の展示】gallery near selection 2014年9月22日(月) - 9月30日(火)gallery near 【 取り扱い作品 】


タムラグリア|TAMURAGURIA


PROFILE


1985 大阪生まれ
2006 劇団ハングリア結成(主催・脚本・演出)
2008 宝塚造形芸術大学卒業
    劇団ハングリア解散
2010 宝塚造形芸術大学大学院卒業


【 主な個展 】

2012 ク・ビレ邸(大阪)


【 主なグループ展 】

2008 西宮市展・商工会議所会頭賞

2009 兵庫県展・三席 神戸新聞社賞
    三田市展・優秀賞 

2010 「ガラクマ図鑑 タムラグリア×堀拓馬」(大阪府立現代美術センター / 大阪)

2011 国画会企画 新人作家展 (国立新美術館 / 東京)
    ART POINT Selection IV 2011 (Gallery Art Point / 東京)

2012 TRANSNATIONAL ART 2012-OSAKA Contemporary Art Exhibition (大阪府立現代美術センター / 大阪)
    まくに美術展 (真国の荘 / 和歌山)
    Salon Art Shopping, Louvre, Paris. (ルーブル美術館 / Paris, France)

2013 TRANSNATIONAL ART 2013-OSAKA Contemporary Art Exhibition (大阪府立江之子島文化芸術創造センター / 大阪)
    100人展 (Ouchi Gallery / NY, USA)


STATEMENT


数年前から独学で小動物の解剖と剥製作りをしています。
動物の体内を見るという経験から得られたものは多く、自分の体が何から作られているのか、それを如何に実感していなかったのかを思い知りました。
私が解剖で見たものは常に自分の中にも周りに存在していたのに、それまで夢物語のように現実として認識していなかったのです。

想像でしかなかったものを目に見えるように描くという行為は解剖とよく似ています。自覚していなかった自分の感情や考えを描く程に見つけていくので、まるで自分で自分を解剖しているかのようです。
どちらの解剖もはじめはいつも怖くて、一度開いてしまえば探求心が溢れてきて驚きの連続で、面白い。知らなかった事を自覚するのは怖いけれど楽しくて、それを誰かと共有したくて描いています。