林 葵衣|HAYASHI Aoi

 

facebookicon.jpgTwitterUstreamブクログInstagramicon.jpgメールフォームRSS

gallery near【開催中の展示】gallery near selection 2014年9月22日(月) - 9月30日(火)gallery near 【 取り扱い作品 】


林 葵衣|HAYASHI Aoi

hayashiaoi.jpg




PROFILE


1988年 京都府出身
2011年 京都造形芸術大学 情報デザイン学科 映像メディアコース 卒業
2013年 京都造形芸術大学 芸術表現専攻 卒業



【 主な個展 】

2008年 「メヲアケテミルユメ」/ Galleryはねうさぎ・京都
2009年 「カラダカラニジムコエ」/ Galleryはねうさぎ・京都
2011年 「RE 」/ C.A.P. STUDIO Y3・神戸
2013年 「OverLay」/ gallery near・京都

【 主なグループ展 】

2007年 「NEVERLAND」/ Artist group www:tri Gallery ID・京都
     「京都タワー 京都造形芸術大学情報デザイン学科映像メディアコース写真展」/ 京都タワー・京都
2008年 「来未来」/ Artist group www:tri Gallery B37・京都
     「来未来」/ Artist group www:tri 世田谷ものづくり学校・東京
2009年 「アトリエ展」/ Gallery KURA・京都
     「お絵描き中毒」/ 林葵衣+Illustrator miduri Gallery B37・京都
2010年 「春雷 」/ art project room ARTZONE・京都
2011年 「京都造形芸術大学 卒業制作展 the HOME 2010」/ 京都造形芸術大学
     「表面張力」/ art project room ARTZONE・京都
     「京都造形芸術大学大学院芸術表現専攻 M1展」/ 京都造形芸術大学
     「fitting room」/ 同時代ギャラリー・京都
2012年 「京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 修士課程2回生 作品展 SUPURT 2012」/ 京都造形芸術大学
     「脈 vol.2 ゆきてきゆ」/ Gallery PARC・京都
2013年 「京都造形芸術大学 卒業展 大学院修了展 2012」京都造形芸術大学


STATEMENT


生活のなかで、思考と体験、視覚と触覚などのあいだに、思いがけないズレを感じ、驚かされることがある。
体は体のかたちをとどめていても、内側では、細胞をつねに更新し続けている。
熱が出る、髪がのびる、怪我が治るなど、自分の意識とは別の規則性によって、身体が行うオートマティックな機能に気付くたび、体はすべてが自分のものではなく、絶対的に介入できないしくみをどこかに持っていると実感させられる。
そのしくみを体外に存在させ体感することで、ズレをより認識し、限りなく自分の意識に引き寄せていたい。