cafe dining near ∽ gallery near|京都 左京区 元田中 作家・クリエイターが集まる地下ギャラリー+カフェ

 

facebookicon.jpgTwitterUstreamブクログInstagramicon.jpgメールフォームRSS

gallery near【開催中の展示】gallery near selection 2014年9月22日(月) - 9月30日(火)gallery near 【 取り扱い作品 】


cafe dining near

cafe dining near(カフェダイニング ニア)は、京都 左京区 元田中にある、作家・クリエイターが集まる地下ギャラリー&カフェです。

「アートを日常に」をコンセプトに、大小2つのギャラリーとカフェを併せ持つお店として2009年6月にオープンしました。店内は、ギャラリースペースとカフェスペースがパーティションで仕切られておりますので、ストレス無く、カフェのみ、ギャラリーのみのご利用が可能です。


【お店作りのこだわり】

お店を作るにあたってこだわったのは、「客席から作品が見えること」、そして「カフェとギャラリーを独立させること」。そうすることで、不特定多数の方が来店するカフェの長所を最大限生かしつつ、ギャラリーカフェの枠に収まらない本格的なギャラリーを備え、コンセプトである「アートを日常に」を感じていただける空間が生まれました。


【アートを日常に】

これだけ、アート、ギャラリーに注力しているにも関わらず、
「cafe dining」を謳っているのはなぜか?

その答えは簡単です。

「より、アート、ギャラリーを日常に感じていただく為」 です。

近年、京都でも現代アートを展示、販売するアートフェアや、アートイベントが盛り上がりを見せています。その流れは、作家にとって、また、これから作家として踏み出そうとしている若い世代にとっては非常に未来ある潮流のように思われます。

日本では、美術やアートは「特別なもの」、ギャラリーは「敷居が高い」と思われていたものが、少しずつ変化してきており、アートは「楽しむもの」として、そういったアートフェアやアートイベントに足を運ぶ人が増えているのだと思います。

near 看板aboutnearphoto4.JPGaboutnearphoto5.JPGaboutnearphoto6.JPGaboutnearphoto7.JPGaboutnearphoto3.JPGaboutnearphoto9.JPG

nearでは、その「アートは楽しむもの」を更に掘り下げ、皆さんにとって「もっと身近な場所」、「気軽に立ち寄れる場所」、「普段の生活のひとコマ」である「cafe」という箱の中に「ギャラリー」を入れることで、アートに触れる機会を「より、日常的に」ご提供できればと考えております。


【cafe=日常=art】

「cafe」と言う響きですと、何も憶することなく、普段と変わることなく、食事やお茶を楽しむためにご入店いただけることと思います。
その何気ない日常の中で、ふと立ち寄った「cafe」の店内にギャラリーがある。

友達と。家族と。カップルで。食事やお茶をしていると、アート作品が目に入る。
あるいはお一人で読書を楽しんでいる中、ふと視線を上げると、気になる作品がある。

日本でも、もっと美術、アートに関心を持ち、ファッションや音楽のように、気軽にアート作品を購入し、部屋に飾り、個人個人のアイデンティティを形成するひとつのようになれば、アートやギャラリーは「特別」なものではなく「日常」に変化するのではないでしょうか?


アート、ギャラリー、そして、集まる作家達との出会い、交流が日常に寄り添う空間「cafe dining near」。

皆様のご来場、ご来店を心よりお待ちしております。




gallery nearについてはこちら

ページの先頭へ

nearの本棚



Ustream

【9/16】
第6回カウンタートーク
「オガサワラミチ」

cafe dining near Ustream channel